2017.09.26

【9月ビジュアル撮影】担当社員に迫ってみました!

PRESS EVENT

 

9月のビジュアルが完成致しました。

ビジュアルは、お客様に新入荷の商品をお知らせし、楽しみにして頂くために欠かせないツールです。
今回は、9月のビジュアル完成を記念して製作の裏側シリーズ2回目です。
参加メンバーが慌ただしく動きまわっているのをついて回り、裏側を調査してきました。

撮影の流れをご紹介している前回の記事はコチラ

撮影準備って何をするの?

着用商品の管理は企画担当の人がやっています。今回お話を聞いたのはJ.FERRY公認インスタグラマーでもあるリサさんです!(リサさんのインスタグラムはコチラです。)

―撮影前の準備で大変だったことはありますか?

撮影日に合わせてサンプルをメーカーから集めたり作ったりする作業ですかね。
いろいろなことがギリギリの進行で、日数も迫っていたので大変でした。

―直前で作ることもあるんですね。お疲れ様です。ちなみに、今日は(撮影前日)何の作業をするんですか?

今日は社員に明日撮影する洋服を実際に着てもらいスタイリングの写真を撮って、このコーディネートで大丈夫なのか最終確認をします。とにかく撮影日前日は時間との勝負ですね。

撮影準備の流れ

大量に集めた商品のサンプルの中からコーディネートを組みます。

 

その後はお話にあった通り、別の社員が組んであるコーディネートを着用します。バランスを見ながら調整したり、社長が直々に修正指示を出したりなどの最終決定の作業があります。
コーディネートの着用写真はiPhoneで撮影し、プリントアウト後にサンプル品の組み合わせが間違っていないかどうかチェックします。

 

それぞれの担当社員が撮影のために動き回っています

その他撮影に必要なことはそれぞれの担当社員が準備します。

 

モデルさんにスムーズに着替えてもらうために着用商品を準備して受け渡すのは企画担当。
メンズアイテムの管理はメンズ担当、スケジュール等の進行をして現場を管理する担当の社員がいます。

とにかく時間が無く大変なことも多いですが、みんなお客様に素敵なブランドイメージをお届けするために頑張りました。
今回の記事を通して熱意が少しでも伝われば嬉しいです!(2/4)

 

文/野中沙織

 

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING