2017.10.12

【9月ビジュアル撮影】メイクさんに迫ってみました!

PRESS EVENT

先月、9月のビジュアルが公開されましました。今回の記事でも前回に引き続きジェイフェリーのビジュアル撮影に関わる仕事人をご紹介したいと思います。普段はあまりご紹介することが無いファッションブランド本社での裏側をお見せしますので、良かったら楽しんで下さいね。

今回は【9月ビジュアル撮影】シリーズ4回目で、メイクアップアーティストのトムさんに迫ってみます。トムさんもカメラマンのチャッキーさん同様に4年近く当ブランドを担当して下さっているので大変頼もしいメイクさんです。

めったに見られないビジュアル制作の準備や撮影の流れの記事はこちら、ビジュアル撮影の為に奔走する担当社員に密着した記事はこちら、 ジェイフェリーの撮影でいつもお世話になっているカメラマンのインタビュー記事はこちらからご覧頂けます。

J.FERRYの担当メイクさんに聞く撮影メイクのポイント

―撮影のとき、何か心がけていることはありますか?

メイクをする前のスキンケアをしっかり行うことです。スキンケアでメイクのノリが結構変わってきます。あと、撮影中モデルさんは大勢の人が居る中ポージングをするので緊張する方も多いんです。だから心もリラックスして貰えるようにメイク中はコミュニケーションをとるようにしています。そして頭皮や顔のマッサージも欠かせません。マッサージすることで浮腫みも取れるし気持ちもリラックスするので。

―今回のメイクのポイントがあれば教えてください。

J.FERRYからはいつもナチュラルメイクで、と頼まれていますのでなるべくモデル本人の良さを活かす形で薄付きのメイクです。アイライナーも薄めに描いてマスカラも少しだけ付けるようにしています。チークは練りチークを1度手に出してから伸ばして使うとちょうどいいのでそうしています。
メンズはクマやニキビ跡、くすみを消したりするのですが、今日のモデルさんは肌の状態がとても良いので必要ありませんでした。ヘアメイクは髪を1度濡らして、ウェット感が残るようにジェルを使いました。

J.FERRYの撮影を手広く助けてくれ、メイクに留まらないトムさん

インタビューでおっしゃっていた通り、メイク中はおしゃべりが盛り上がりながらの終始なごやかな雰囲気。

トムさんも、ジェイフェリー歴4年で随分とお世話になっているメイクさんです。当ブランドの意向を理解してくださり、今回も理想通りでバッチリなメイク・ヘアスタイルに仕上げて下さいました。

メイクだけではなく、モデルさんをリラックスさせてくれて、撮影時には風を吹かせる係りも担当して下さいます。 ジェイフェリーの撮影は毎回トムさんに幅広く助けて頂いてます。

今回もバッチリなお仕事ぶりで仕上がった写真を見てスタッフ一同大満足です。ありがとうございました。

(文/野中沙織)

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING