2019/07/04

#1 SRT101 を買ったまま放置していたので掃除してみた

PEOPLE

こんにちはてんてんです。

リファクトリィでカメラマンをやっていたのですが、以前にSRT101というフィルムカメラを買ってそのまま一年以上放置していたので今回はその整備をしてみたいと思います。

なんだかフィルムカメラっていいですよね!ロマンがあります。

この武骨さがたまらないのです。

露出計が動かない

買ったまま使えれば良かったのだけれど、露出計が動きませんでした。

シャッターは切れるのでそのまま使えるのですが、SRT101の特徴でもある機械式の露出計が使えないのは寂しい気もします。

そこで今回は原因を調べてみる事にしました。

少し調べてみると、SRT101の場合スイッチ付近の接触不良で露出計が動かなくなる事があるとのこと。

てなわけでカメラ下部の開放

いました原因。

断線こそしていないものの、ハンダ部分が腐食で取れてしまっています。

これでは通電するはずもありません。

疑わしい個所を発見できて安心したのもつかの間、腐食をとる為に細心の注意をしながら配線をズラした瞬間

「プチッ」( ゚Д゚)

配線がとれました。

どうやら反対側も腐食によりダメージを受け、首の皮一枚で繋がっていた様です。

いずれにしても近いうちに配線を引き直さないとダメでしたね。

元の配線が痛み過ぎて使えそうになかったので後日準備して配線し直しです。

SRT101の分解清掃

ネットに沢山の情報が上がっているので感謝するしかないですね。

シャッター速度のダイヤルを止めているビス(ネジ)がどれだけ丁寧に回そうとしても動かない。

前回分解した方?がキツく締め過ぎてどう頑張ってもネジが緩まずナメてしまい、仕方がないのでルーターでネジを破壊しました。

最初はなんとか溝を作り直しましたが、ビスの素材が柔らかすぎてダメでしたね、ってか2mm程度のネジとか小さすぎて特殊工具が使えないのでこうする他ありませんでした。

外観に影響を与えないように丁寧に元のネジを削ります。

一応取れました。綺麗に収まるビスを見つけなければ…。

これぞ機械美

緻密に計算された動きと機構

そして露出計以外はすべて機械式駆動なので人さえいれば電力がなくともしっかり動きます。

絞り、S速度、タイマー、シャッターまで全てが機械仕掛けです。

なんて素晴らしい。

当然ですが近代のカメラは電力がないと動きませんからね。

フォーカシングスクリーン、プリズムの掃除

ここだけモルトがコルクになってる様です。

フォーカシングスクリーンをブロアーで吹いてモルトクズやほこりを除去します。

致命的なミスですがビフォーを撮るの忘れてました。

しかし見ての通り綺麗になりました。

なんだかブラウン管テレビみたいで懐かしい,,,。

今回はここまで!

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING