2017/09/15

右?左?会社のサイトがしっかり見据えて進むべき方向性を考える

PEOPLE PR

分かれ道 方向性

さて実際によくよく調べてみると、気がつかずに見てきた媒体ばかり!なるほどそういう事だったのですね。

となるとこの様な媒体を運営するってこと!?HTML?CSS?今まで全くやった事ないんですけど!?

不安要素しかない中、自分なりに少し考えた結果。

「常に新しい事を探す×新しい目線で発信=常に刺激がある」

え!?それって飽き症な私にピッタリなのではないか?そう思い奮起!

しかしながら文字通り「ゼロからのスタート」なので頭の中が右往左往。とりあえずはお勉強が必要です。とにかく色々なサイトを見漁るしかないので、色々なサイトを見る事に。

まずオウンドメディアとしての方向性を決めないとあいまいなメディアになってしまう。あまり外部の情報ばかり集めて発信しすぎるとただのキュレーションサイトになってしまうし、自社の情報だけだと単調な自己主張が強いメディアになってしまう。

出来ればうまく織り交ぜたい所です。

コンテンツマーケティングの企業様との初顔合わせ

そんな中サイトの立ち上げを担当して頂いた会社の藤谷さんと浅井さんとのミーティングが数日後に有るとの事でした。

その当日…

藤谷さん 「始めまして、藤谷です。」

浅井さん 「始めまして、浅井です。」

運営チーム 「始めまして、宜しくお願いします。」

てんてん 「(め、名刺に代表取締役って書いてある、、、ビクビク)」

藤谷さん 「今回オウンドメディアを運営する事になった訳ですが、オウンドメディアってご存知でしたか?」

てんてん 「いや、今まで全く知りませんでした。」

藤谷さん 「そうですよね、具体的に言えば「THE BAKE MAGAINE」「GPAPER」「SHIPS MAG」なんかを見て頂けるとイメージしやすいのではないかと思います。

(MACBOOKをこちらに向けて頂き画面を確認。)

macbook meeting

てんてん 「なるほど、ブランドによって雰囲気は違いますが良いですね。」←感想がアバウトでした。

藤谷さん 「継続的に会社のイメージアップ、宣伝になる事を配信していく事になります。」

てんてん 「かなり責任がありますね…でも実際に何から始めればいいのか。」

オウンドメディア ミーティング

ミーティングが進むにつれ、おおよその動きが分かってきました。

手始めにまず

・オウンドメディアについて理解する事
・記事のタイトルの案をどんどん出す。
・面白そうな記事を実際に書いてみる事。
・日々参考になりそうなサイトや情報を見る事。

が直近の動きになるとの事です。

藤谷さん 「もちろん後々SEOを意識した記事を作成していかなければなりませんが、今はまず数を出してみる事が大事です。」

てんてん 「(SEOってなんだ…新手の新感覚フルダイブ型ネットゲームとか?)」

藤谷さん 「そこで先程言った、普段の暮らしで電波を立ててネタを探してみる事や色々なメディアに触れてみる事ですね。」

運営チーム 「分かりました!」

藤谷さん 「僕たちも出来る限りの事をサポートしていきます、頑張りましょう。」

こうして初の顔合わせが終わり、運営チーム各々が実際に動き始めることとなりました。

オウンドメディアについてもっと理解する為にもっと考え、調べてみる必要がありそうです。

  • 1.唐突過ぎた宣言、それは「オウンドメディア運営チームにするから!がんばって!
  • 2.聞いたことがない?オウンドメディアとはなんぞや
  • 3.右?左?会社のサイトがしっかり見据えて進むべき方向性を考える
  • 4.情報と宣伝のハイブリット記事、それがオウンドメディア
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    RANKING