2017/12/21

リファクトリィ社員の2日酔い対策をてんてんがやってみた!

PEOPLE RIFACTORY

こんにちは。リファクトリィが運営するオウンドメディア「J.FERRYmag(ジェイフェリーマグ)」運営チームの野中沙織です。

飲み会シーズンですが皆様はいかがお過ごしですか。連日飲み会が続くと体調に影響して2日酔いになってしまう人も多いのではないですか? 楽しく飲んでいただけなのにあんなにも辛い代償を払わされるなんて納得いかないですよね。どうすれば憎き2日酔いを防げるのでしょうか。

そもそも2日酔いはどうして起きるのか

”アルコールを摂取すると、胃腸を通って肝臓に運ばれ、分解されます。分解されると、有害物質アセトアルデヒドや、その酸化物が生成されます。この毒性により、二日酔いが引き起こされます。おまけにアルコールによって脱水症状になり、脳の水分が減るため、頭痛が起こります。

全身が脱水症状になり、大量のビタミンが奪われてしまいます。これらが総合的に関わることによって、頭痛、吐き気、めまいなどが起こるのです。”
(引用:https://woman.mynavi.jp/article/150211-72/

リファクトリィメンバーの2日酔い対策

2日酔いを防ぐためにどうしたらいいのかオフィスの人たちに聞いてみました。集まった情報がコチラ。

①飲む前にウコン(圧倒的多数が支持)

②柿を食べる(webチームの横田さんが言ってたけどまだ柿って売ってるのかな)

③飲み終わりに大根おろし(飲み会に強そうな次長が言ってた)

④しじみの味噌汁(2日酔いになった場合の対応との意見も)

⑤帰ったら熱いお風呂に入る(危険な匂いがします)

なるほど。

J.FERRYmagチームのてんてんで実際に試すことにしました。
てんてんは日中に通販用の撮影で4時間カメラを担当しており、さぞかし疲れていることでしょう。きっとお酒も染み渡るはずです。

実際に2日酔い対策を実践

まずは2日酔い対策で最も支持率の高かった飲み会前の準備

①飲む前にウコンの力

リファクトリィメンバーの中では「飲み会前に栄養ドリンクを飲む」という意見が圧倒的に多く上がりました。
今回はコンビニで用意できる中でも社内で最も名前の挙がった「ウコンの力」をチョイス。ウコンに含まれているクルクミンが肝臓を保護する作用があるそうです。
(参考:http://www.osaketo.jp/blog/ukon-power/

②柿を食べる

柿に含まれるビタミンCと渋みの成分タンニンが肝臓の働きを助けてくれるそうです。果物は旬があるので季節が限られますが1日1個食べるとビタミンCの必要量はサプリ無しでクリアできるほどビタミンCが豊富。
(参考:http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/q-a_080910_02.html

④飲み終わりに大根おろし

大根には2日酔いで失われがちなビタミンCが豊富です。大根おろしではなく大根サラダを注文して食べながらお酒を飲むのでも効果的。大根おろしをサービスで出してくれるお店もありますね。

⑤しじみの味噌汁

しじみに多く含まれるオルニチンは肝臓の働きをするアンモニアを分解して外に排出しやすくする成分です。飲みすぎた日には、2日酔いになる前に飲んだ方が効き目があります。
(参考:http://xn--59jtb317n5pap61gg67d.com/archives/9505.html

⑥帰ったら熱いお風呂に入る

ZOZOTOWN担当鎌倉さんによると「汗かいたらアルコール排出できそうじゃない?」とのことですが、飲んだ直後の入浴は心臓にも負担がかかるなどの危険がありますので、少し時間を置いてからにしましょう。
(参考:http://www.cocokarafine.co.jp/f/dsf_howto201506009935

これは追跡不可なのでちゃんと家に帰ったら熱いお風呂に入るようキツく言っておきました。

翌日

「おはようございま~す」

てんてん、あれだけ飲んだのにピンピンしてます。

「さすが!皆さんの2日酔い対策はやっぱり効果あったんですね!」

「俺、2日酔いとかしたことないんだよね…。」

結果:体質次第(お酒はほどほどに!)

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING