2018.08.18

【表参道】 AOビルの穴場カフェGERBEAUD(ジェルボー)で優雅な一時を

LIFESTYLE グルメ

こんにちは、おがちんです。

ある日の午後、取材を終えティーブレイクをしようとお店を探していたら良いお店を見つけたので、今回はそこに足を運んでみることにしました。

AOビル,表参道,青山

J.FERRY表参道店が入っているAOビルの2階にあるGERBEAUD(ジェルボー) 東京本店です。

ジェルボー,GERBEAUD,お洒落カフェ,表参道カフェ,カフェ

ここでジェルボーがどんなお店なのか簡単にご紹介したいと思います。

ジェルボーは150年の伝統を誇る老舗ハンガリーのカフェです。

2009年 東京・青山に海外初店舗としてオープンしました。

それでは、早速ジェルボーに入ってみましょう。

店内は落ち着いた空間広がっていて、非常に居心地が良いです。

ショーケースの中には、きらびやかなケーキが沢山陳列されています。

スイーツ,ケーキ,カフェスイーツ

今回はその中でもジェルボーの代表的メニュー、ジェルボーセレトとドボシュトルタを頼むことに。

カフェ,カフェテラス,お洒落カフェ,東京カフェ,カフェ巡り

席は店内のほか広々としたテラス席もあり、天気が良かったのでテラス席で頂くことにしました。

テラス席は静かで居心地も良く、会話も弾みます。

会話をしているうちにケーキが運ばれてきました。

スイーツ,カフェスイーツ,絶品スイーツ,キャラメル

【左手前:ドボシュトルタ 右奥:ジェルボーセレト 各¥630】

ドボシュトルタはハンガリーの菓子職人ヨージェフ ドボシュが1885年に考案したケーキ。

ケーキ本体はチョコレートのバタークリームとスポンジが層になっており、非常に味わい深いです。

上部のキャラメルはパリパリとした食感が特徴的です。

ジェルボーセレトは、ジェルボーで考案されてハンガリー中に広まった伝統菓子。

イーストを使った生地が特徴でアプリコットジャムとクルミをサンドして層仕立てにした

ハンガリー本店を代表する逸品です。

各層違う味わいで、口の中で香り豊かな味わいが広がります。

あまりの居心地の良さに、あっという間に時間が経ってしまいました。

皆さんも表参道で静かで落ち着いた雰囲気のカフェに行きたくなったら、ジェルボーへ足を運んでみて下さい。

〒107-0061

東京都港区北青山3-11-7 Aoビル 2F

TEL 03-3499-0099(11:00~22:00まで)

FAX 03-3499-0056

営業時間

月~土 11:00~23:00 (L.O. :Dinner21:00/Cafe22:00)

日祝 11:00~22:00(L.O. :21:00)

定休日

Aoビルに準ずる

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING