2017.12.29

特選!そろそろ知っておきたいお笑い芸人集!

LIFESTYLE LIFESTYLE

こんにちはてんてんです。

今年はどんな年でしたか?

皆さんそれぞれ、良い事も悪い事もあったかなと思います。

でも

「終わりよければ全てよし」

です。

いい言葉ですね。

一年の終わりは笑って過ごしましょう。

私は必ずバラエティを沢山見て、朝から晩までとにかく笑って年末を過ごします。

そこで、私のオススメお笑い芸人を少しご紹介いたします。

ゴンゾー


 株式会社ことくら

行動範囲を世界に広げる素晴らしいお笑い芸人、と言うよりもパフォーマーと言ったほうが正しいかもしれません。

なんとJ.FERRYでもお馴染み「逃げ恥」の主題歌、「恋」の恋ダンスも披露しています。

民放連賞最優秀ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』全話一挙放送決定!! あの「ムズキュン」「恋ダンス」を再び! 12月31日(日)、1月1日(月・祝)放送!

出典

ではなぜ「逃げ恥」がJ.FERRYでもお馴染みか?

逃げ恥のシーンでJ.FERRYのセーターを着ているんです。

  • 逃げ恥」再放送決定!星野源さんの衣装ニットがまた見られる♡
  • さて、いかがでしょうかゴンゾーのこの動き。

    素晴らしいの一言です

    言葉はなく、無表情でのパフォーマンスはまさに狂気すら感じさせます。

    友達になりたい。

    さらば青春の光


    出典

     株式会社ザ・森東
    お気に入りコント
    ・ぼったくりバー

    着眼点が今までに類を見ない為、非常に良く出来たコントに仕上がっています。

    シンプルなネタの構成ながら、さらば青春の光ならではのテンポとトーンがしっかりと出ているので、とても好きなネタです。

    あんなにシンプルなネタを良くここまで仕上げたなって感じで、さらば青春の光にしか出来ないネタだと思います。

    チョコレートプラネット


    出典
    吉本興業
    お気に入りコント
    ・ポテチ

    いやー、もうチョコレートプラネットはコントに使う小道具が良い。

    しかもほとんど手作りという所が素晴らしい。

    今作でもクリーナーが出て来るのですが、プロが使う道具の様で、アホくさいツールなのにカッコよく見えるんです。

    「拷問」と言うコントでは「ケコツソギリ」と言うツールも出て来るのですが、これも好きです。

    「ケコツをそぎってやろうかぁ!」ってやります。

    気になった方は是非チェックしてみてください。

    あとはこれも見て欲しい!「ローマ帝国」

    良く現代の言葉をギリシャ・ローマっぽく落とし込んでいます。

    こちらも多くは語らないので是非見て下さい。

    アキナ


    出典

     吉本興業
    おきにいり漫才
    ・「両親の離婚」
    設定がパパと5歳の子供のネタなのですが、

    この子供が渋いんです。

    それだけ言っておきます。

    何故って?

    見れば分かります。

    あともう一つ見て頂きたいのが、「何者」というコント。

    いつもの暮らしにこんな状況あったら怖すぎるのですが、そこのイレギュラーさに笑いを見出しているのでこちらも必見です。

    バットナイス常田(バッツネ)


    出典

    ワタナベエンターテインメント

    ・「最後の瞬間」

    個人的にバットナイス常田は大好きで私、なんとネタを完全コピーで出来ます。

    3年位前から「そろそろ来る!そろそろ来る!」なんて言っていました。

    中々メデイアに登場しなかったのですが、最近ちらほら見かける様になりました。

    みなさんが知っている所で言えば、あばれる君の後輩なんです。



    出典

    (写真右から2番目と左)
    ワタナベエンターテインメント

    最近での活動はあまり見かけませんが、キレッキレのショートコント、一発芸は斬新で歯切れの良いネタに仕上がっています。

    難しい言葉遊びもなく、単純明快で小さな子供でも楽しめるのではないかと思います。

    最近は超新塾での活動がメインの様です。

    お笑いはなぜ面白いか

    笑いを生みだすと言うのは、日々を生活している日常だったりイレギュラーをどう切り抜くかが大切だと思うんです。

    そこに言葉遊びや間を組み込むことによって初めて笑いが生まれて、漫才やコントが面白くなるんです。

    私が思うに、漫才は歌にも通じる点があって


    「歌」

  • イントロ
  • Aメロ
  • Bメロ
  • サビ
  • 「漫才」

  • 設定を話したり思い込ませるイントロ的部分
  • Aボケ
  • Bボケ
  • オチ(A・Bの伏線を回収しつつの大オチ)
  • もちろん全ての芸風に当てはまる訳ではないのですが、漫才の場合はネタを大きくパート分けして見ると基本構成はこの様になっています。

    お笑い芸人のトータルテンボスはネタが全般的に分かりやすいのではないかと思います。知名度もあるので今回上げはしませんでしたが、とても綺麗なネタの構成で見ていてとても安定しているので面白いです。

    そしてこれは写真にも通じる事があって、良い写真というのは

    日常やイレギュラーに気が付いているかどうかで変わってきます。

    普段、わざわざ携帯電話を取り出してまで写真を撮る時ってどんな時ですか?

    美味しそうな物を見た時?綺麗な風景を見た時?

    それは皆さんがその時見た何かに、何かを感じたからカメラを取り出して写真を撮ったはずです。

    そこには皆さんの物語があります。

    大切なのはその感じた物語をきちんと楽しめるかが大切だと思います。

    楽しい事は、普段気がつかないだけで注意して見ると意外と近くにあったりします。

    皆さんも、来年は今年よりももっと色々な事をその目で見て、感じて、誰かに伝えて行けたらさらに素敵な年になるかもしれませんね。

    来年も皆さんが何気無い毎日を楽しく笑える、良い年であります様に。

    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    RANKING