2018.03.08

銀座7丁目おでん屋「こなから」アンジャッシュ渡部さんも絶賛!

LIFESTYLE グルメ

銀座の高級クラブが数店舗入る銀座7丁目のアスタープラザビル脇の路地を入ったところに、隠れ家風のおでん屋「こなから 銀座店」はあります。

赤提灯が目印

こなからの本店は御茶ノ水にあり、食べログも「3.7」と好評価、御茶ノ水では有名なおでん屋です。

御茶ノ水の他、新丸ビルにも支店があります。

※銀座店以外は24時前にはお店が閉まってしまう為、二件目使いには銀座店がおすすめです。

引き戸を開けて中へ入ると、優しい雰囲気の主人がお出迎えしてくれます。

テーブル席もありますが、おでん屋さんと言えばやはりカウンターですよね。

メニューはおでんをメインに「馬刺し」「鯖のへしこ」「こんにゃく味噌田楽」などお酒が進みそうなメニューが豊富。

お通しはやや固めのしっかりとした茶碗蒸し。

注文を告げるとお出汁の中に具を入れて温めてくれます。

おでんと言えば予め鍋に具材が入っているイメージだったので店主に聞くと、基本は全ての具材に既に味がしっかり付いているとのこと。

暫くして注文した3品がカウンターから提供されます。

上:あんこ玉さん 330円 左:餅きんちゃく 330円 右:大根 330円 梅がんも 330円

店主の言う通り、全てのおでんにしっかりと味が付いていました。

おでんに味が付いているので、お出汁は旨味を感じる優しい味わいです。

こなからは手作りおでんの他にお出汁にこだわりがあるようで、25年掛け築き上げた自慢の出汁を使っているそうです。

「あんこ玉さん 330円」をこちらで初めて目にしたので「地方のおでんですか?」と聞くと、こなからのオリジナルおでんでした。

白玉粉、上新粉、粒あんを混ぜてあんこ餅にしたもので、甘さがあるスイーツのようなおでんです。

隠れ家のような「こなから 銀座店」にはアンジャッシュの渡部建さんも行かれているようで、自身のブログでは「深夜までやっているのでとても使い勝手がいいです。二軒目使いでもいいでしょう。」とコメントしています。

カウンターメインのお店で気軽に1杯飲める雰囲気なので、みんなと合流する前に「こなから 銀座店」で軽く1杯飲んだり、二件目に訪れておでんで締めるのも良さそうですね。

こなから 銀座店
住所:東京都中央区銀座7-7-6 アスタープラザビル 1F
問い合わせ:03-3571-1320
HP:http://konakara.com/

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING