2018.01.09

銀座駅直結!東急プラザ銀座「数寄屋橋茶房(すきやばしさぼう)」ランチ

LIFESTYLE

皆さんこんにちは、J.FERRY MAG(ジェイフェリーマグ)で主にLIFESTYLEを担当している鈴木みずきです。この間の休日、銀座で用事があり東急プラザ銀座に立ち寄った際、せっかくなので東急プラザ銀座でそのままお昼を取ることにしました。

東急プラザ銀座は株式会社リファクトリィやJ.FERRY(ジェイフェリー)銀座本店、J.FERRYジェイストリート店からも近く徒歩圏内です。

銀座六雁(むつかり)シェフ監修のお店が東急プラザ銀座に

東急プラザ銀座で思い出したのが、以前からチェックしていた「数寄屋橋茶房(すきやばしさぼう)」です。数寄屋橋茶房は行った友人からも好評だったので気になっていたお店。数寄屋橋茶房はベジタリアンやマクロビオティックを実践している方には比較的有名な銀座の「六雁 (むつかり)」のシェフ秋山料理長が監修するお店です。六雁は食べログで「3.98」と高得点を掲げる程の銀座では有名店で、銀座の六雁は肉や魚を使わない「六雁のお野菜コース13,500円 (税込)」が人気。私も1度だけこちらのお野菜コースが気になり一人で食べに行った事があります。お野菜コースと聞くとヘルシーで満腹にならないイメージですが、普段大食いの私でも満足のいく内容でした。またカウンター席もあるので、私のように普段一人で食べ歩くのが好きな女子でも気軽に行けるお店です。ベジタリアンやマクロビオティック向けのメニューもあるからか、店内はカップルだけでなく女性グループのお客様も多くいます。

数寄屋橋茶房(すきやばしさぼう)と六雁(むつかり)の違いとは

ベジタリアンやマクロビオティック、野菜好きの方に人気の六雁の秋山料理長が監修する数寄屋橋茶房は華やかな見た目と独創的な和食が注目を集めており、また六雁で人気の「白いマカロン」は数寄屋橋茶房で食べることができるだけでなく、お土産で購入することも可能です。六雁と比べると数寄屋橋茶房は全体的に価格帯もリーズナブルです。

銀座のプレミアムラウンジ数寄屋橋茶房

数寄屋橋茶房はロケーションも抜群です。“銀座の品格を味わう事の出来るプレミアムラウンジ”と称され、27mの大きな吹き抜けは開放感があり、ガラス張りの窓際の席からは銀座の街を一望する事が出来ます。席と席も離れているので隣の会話を気にすることなくゆっくりと食事を楽しむことができるのも大事なポイントです。ホテルのラウンジと同等かそれ以上のラグジュアリーな空間はランチ利用も良いですが、夜に気の知れた友人とシャンパンやワインを飲み銀座の街を眺めながら料理と談笑に浸りたくなります。

六雁と比べるとリーズナブルな価格の数寄屋橋茶房

六雁はそれなりのお値段がしますが、数寄屋橋茶房は六雁と比べるとリーズナブル。ランチも1,350円〜と銀座では平均価格内です。ランチは「鶏挽肉と根菜の煮こごり 1,350円」「五穀米と五種の野菜の海老カレー 1,350円」「小町弁当 1,600円」などがある中で予めチェックしていた「牛丼の新しいかたち 1,500円」を頼みました。

牛丼に敷かれているお米はただのお米と思いきや、赤ワインを使用した酢飯でした。牛肉の脂も酢飯が中和の役割を果たしてくれるのでサッパリと頂けます。卵の黄身も箸を入れるとトロ〜と流れだすのかと思いきや、冷凍させた物。だからと言って完全に堅い状態ではなく、適度に解凍されて居るので箸はすんなりと入れることが出来ます。

銀座駅直径!ラグジュアリーな空間で味わう数寄屋橋茶房のランチ

夜のメニューはお酒に合うおつまみも豊富なようなので、次回は夜に伺ってみたいと思います。とはいえ銀座では珍しいラウンジのような空間で、尚且つ銀座駅に直結していながら落ち着いてランチを食べられるスポットなのでお一人様は勿論、友人とのランチ利用だけでなく仕事の打ち合わせでも使えそうです。皆様も銀座にお越しの際やJ.FERRY(ジェイフェリー)銀座本店、J.FERRYジェイストリート店にお越しの際は、数寄屋橋茶房に伺ってみて下さいね。

数寄屋橋茶房(すきやばしさぼう)
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座6F
問い合わせ:03-6264-5590
HP:http://www.transit-web.com/shop/sukiyabashi_sabo/

RANKING