2018.04.10

銀座でハンバーガーを食べるなら「ベアバーガー」がおすすめ

LIFESTYLE グルメ

皆さんこんにちは、J.FERRY MAG(ジェイフェリーマグ)グルメ記事担当の鈴木みずきです。
「ヘンリーズバーガー秋葉原限定メンチカツバーガー販売開始」記事はご覧いただけたでしょうか?
私は1度ハマると暫くそのブームが続くのですが、ヘンリーズバーガーのメンチカツバーガーにより見事に落ちました…ハンバーガーブームに。
そこで今日は東急プラザ銀座10階レストラン街に入っている「BAREBURGER(ベアバーガー)銀座店」 へ行ってきたのでご紹介したいと思います。
銀座で美味しいハンバーガー屋をお探しの方は、是非参考にして下さいね。

銀座駅直結!東急プラザ銀座「ベアバーガー」へ行ってみた

今回ご紹介する「BAREBURGER(ベアバーガー) は2009年にアメリカ・ニューヨークで創業し、北米を中心に展開するハンバーガー屋です。

現在日本では銀座店と自由が丘に店舗を構えています。
※銀座店と自由が丘店ではメニューが異なるようなので詳しくはHPをご覧下さい。

銀座店は全35席あり、テーブル席の他サクッと食べることができるカウンター席が用意されています。

カウンター席は夜の時間帯、ポテトとお酒を軽く摘むにも良さそうです。

窓際の席からは数寄屋橋交差点を見下ろすことができます。

全体的にカントリー調の店内は温かみもあり、インスタ映えも抜群です。

カスタムバーガーやミニバーガーまで!ベアバーガーは種類が豊富

ベアバーガーはカウンター注文ではなく、席につきメニューを見ながらゆっくりと食事を決めることができます。

ベアバーガーはハンバーガーの種類がかなり多く、定番の9種類や季節のハンバーガー、肉やバンズ、チーズなど自分でチョイスして作るオリジナルバーガーがあります。

この日は定番の9種類の中から、インスタ映えしそうな見た目の「バックワイルド ¥1,380」に「セットメニュー(フレンチフライorスイートフライorミニサラダ+ドリンク)¥300」を選びました。

オーダーする際 ハンバーガーの焼き加減を聞いてくれるのですが、お店のおすすめは「少しお肉に赤身が残ったミディアム」とのことでしたので、お肉の焼き加減はミディアムでお願いしました。

最近ハンバーガー屋ではこのように肉の焼き加減を聞いてくれるお店が増えてきましたね。

バックワイルド ¥1,380
ビーフ・ピメントチーズ・フライドエッグ・クリスピーオニオン・ディルピクルス・ブリオッシュバンズ

オーダーしてから約8分後、まず先にハンバーガーが運ばれてきました。

すぐにセットのフレンチフライが運ばれてきます。

ハンバーガーはテーブルに備え付けられているハンバーガー袋に入れていただきます。

初め私が写真を撮るために袋に入れず手でそのままハンバーガーを掴んでいたら、店員さんが「肉汁が凄く垂れるので、ハンバーガー袋に入れた方が食べやすいですよ」と声を掛けてくださいました。

お客さんの中にはテーブルにハンバーガー袋が設置されているのに気付かない方もいると思うので、このような配慮は嬉しいですよね。

肝心のハンバーガーですが、ブリオッシュバンズはほんのり甘味があり、クリスピーオニオンはサクサクとした食感がアクセントに。

肉の厚みは何と約2cm程あり、噛むたびに肉汁が口から滴り落ちます。

ハンバーガーのボリュームに対してソースが少し少ないかな?とも思いましたが、テーブルにケチャップ、マスタード、塩、胡椒がセッティングされているので、好みで付けるなりかけるなりして食べるといいかもしれません。

ベアバーガーはアルコールの種類も豊富!

ベアバーガーはハンバーガーだけでなくアルコールの種類も豊富です。

銀座駅直結と交通の便が良いので、ハンバーガーを楽しむだけでなく仕事帰りに1杯飲むのにも良さそうですね。

皆さんも銀座でハンバーガーを食べたくなった時や、アメリカンな食事が食べたくなった際は、ベアバーガーでアメリカンなハンバーガーを楽しんではいかがでしょうか。

BAREBURGER(ベアバーガー)銀座店
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 10F
問い合わせ:050-5592-4861
HP:http://www.bareburger.co.jp/index.html

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING