2017.09.15

表参道の喧騒から離れた穴場フレンチレストラン「ラス」

LIFESTYLE グルメ

以前から気になっていた隠れ家的モダンフレンチ

 

 

表参道から徒歩7分、少し歩いたところにあるモダンフレンチレストラン「ラス」。今回は以前から食通の友人にオススメされていたこちらのお店に潜入してきました。

 
 

コースはランチ・ディナー共に「おまかせコース」1種のみ

 

ラスではランチ・ディナー共に、メニューは「おまかせコース 5,000円(税抜き)」の1種のみ。別途シャンパンから始まる「ワインペアリング シャンパン1杯+ワイン4杯 5,000円(税抜き)」を頼めば料理に合わせたワインを楽しむことができます。食事はワインと一緒に楽しんでこそより味わい深いものになると思っている私は、勿論ペアリングをオーダーしました。

 

 

お料理1品目は「スイカと梅干しの冷製スープ」
スイカの甘味と疲労回復効果のある梅干しが、日中J.FERRYの撮影で歩き疲れた身体を癒やしてくれるようです。

 

2品目はあまりの興奮から写真を取る前に完食してしまうという大失態を犯してしまいました。
文章のみで申し訳ない気持ちでいっぱいですが、写真がない分言葉で説明するとします。

 

2品目は「L&#39ASスぺシャリテ フォアグラのクリスピーサンド チェリー味」
ラスのスペシャリテ、クリスピーサンドは今回一番楽しみにしていた一品。ハーゲンダッツのクリスピーサンドからインスピレーションを受けてできたメニューだそうです。訪問した際はチェリー味でしたが、ジャムは季節によって変わります。フォアグラのまろやかさと酸味のあるチェリージャムが上手くマッチした一品でした。

 

以前友人が「コース全部は食べきれないから、お店の方に内緒でクリスピーサンドは持って帰ろう」とバッグに忍ばせたところ、家に帰って袋を開けたらクリスピーサンドのフォアグラは溶け、食べれない状態になっていたそうです。フォアグラは熱ですぐに溶けるため、バッグに入れて溶けてしまったという事実は残念ですが、フォアグラの他に余計な材料を入れすぎていない証拠でもあります。

 

 

3品目は「賀茂なすの丸ごと直火焼き 南フランスのエッセンスを添えて」
取り分ける前に、丸焼きにしたなすを見せに来てくれます。
香辛料の香りが良く、ペアリングのロゼワインとも相性の良い一品です。

 

 

4品目はタスマニアン粒マスタードがアクセントになった「薫製牛タンで巻くパスキア」
タタキになった牛タンはローストビーフのような味わいでした。かなり珍しい一品です。

 

5品目は「長崎県産タチウオのポワレ」、6品目は「オマール海老と豚すね肉を詰めた、スペイン産ウズラのロースト」、7品目のお口直しは「ミニトマトのコンポート、バジルのジュレ」、デザート前の一品は「ココナッツのニョッキ マンゴーとパッションフルーツのソース」と続きます。

 
 

年に1回というよりは毎月通いたくなるコスパの良さ

 

メニューの内容は3週間ごとに変わります。その時期最良の旬の食材を使う為、時期によっては皿が被ることもありますが、月1で行ったとしても毎回違った料理を楽しむことができます。リーズナブルでコスパの良いお店は1年に1回のイベントというより、何回も通いたいもの。月1とまではいかなくても、旬の食材を楽しみに季節の変わり目に来店するのがいいかもしれません。

 
 

L’AS(ラス)
住所:東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル 1F
問い合わせ:080-3310-4058
HP:http://las-minamiaoyama.com/

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING