2018.04.13

名古屋名物!味噌カツで有名な「矢場とん」へ行ってみた

LIFESTYLE グルメ

皆さんこんにちは、J.FERRY MAG一の食いしん坊 鈴木みずきです。
先日の「美登利寿司 名古屋店」の記事はご覧いただけましたか?

記事を読むまで、美登利寿司が東京だけでなく名古屋にもあることを知らなかった方も多いのではないでしょうか。

美登利寿司を東京以外で食べることができるのはまだ名古屋だけですが、これからもっと店舗が増え全国展開していくと嬉しいですよね。

さてさて、本日は名古屋関連でもう1店舗、味噌カツで有名な「矢場とん」をご紹介したいと思います。

矢場とんは名古屋・矢場町本店を中心に全国展開する味噌カツのお店で、J.FERRY銀座本店の近くにも店舗があります。

今回ご紹介するのは、栄えにある松坂屋名古屋店 南館10Fに入る、「矢場とん 栄 松坂屋店」です。

デパートのレストラン街にあるため、お客さんはデパートで買い物を楽しむマダムが多いかと思いきや、サラリーマンが多く女性客は少なめ(矢場とんはガッツリ系THE・男飯的な感じなのでわかる気がしますね、ちなみにお隣にはひつまぶしで有名な蓬莱軒が入っています)でした。

平日ランチタイムの12時半頃に伺いましたが、待たされることなくすんなり入ることができました。

席数も全91席と多めなので、満席で入れないということは少ないかもしれません。

メニューはデパートに入っているレストランにしてはリーズナブルな価格帯です。

矢場とん名物の「わらじとんかつ定食 1600円」を始め、1000円台のメニューが豊富でした。

ツマミのメニューも豊富で、名古屋名物の“どて煮”は大きいサイズで350円!安いですね…!

せっかくなので矢場とん名物の「わらじとんかつ定食 1,600円」をいきたいところでしたが、そこまでお腹が空いていなかったので、メニューの中でも比較的ボリュームが抑えめな「みそかつ丼 1,200円」と「特製どて煮 350円」を頼みました。

まず始めに運ばれてきたのは、名古屋名物のどて煮です。

特製どて煮 350円

値段も割と安かったので、あまり量は期待していませんでしたが…量多っ!

どて煮と一緒に店頭販売している“しぐれ煮”もサービスで持ってきて下さいました。

矢場とんの特製どて煮はかなり味が濃い目!夜ならこの一皿だけでビール3杯はいけちゃいそうです。

自宅だったら白飯の上にかけて口の中へ流し込みたいくらい味がしっかりと付いています。

どて煮を半分ほど食べ終わった頃、メインの「みそかつ丼」と、友人が頼んだ「みそひれかつ丼」が運ばれてきました。

みそひれかつ丼 1,300円

みそかつ丼 1,200円

この時点ではソースはかかっておらず、後から店員さんがかつの上からソースをかけてくれます。

ソースたっぷり!これぞ名古屋の味噌カツといった感じですね。

カツも白米が見えないほど丼にぎっしりと敷き詰められています。

これだけ見ると豚カツの衣が全てソースで茶色く染まっているので味がかなり濃そう…というかソースの味しかしなさそうです。

一口パクリ。

ソースの味は衣にしっかりと付いていますが、想像していたよりあっさりです(どて煮の方が味は濃い目)。

これだけソースがかかっているのに辛すぎず、それよりも下の白米にソースが染み込みご飯が進みます。

食べていてビックリしたのが、衣全体にソースが行き届いているのにも関わらず、豚カツの食感はサックサク!

火力が強いコンロで上手くカラッと揚げている証拠です。

お口直しにサッパリとしたキャベツが進むすすむ。

これは矢場とん銀座店が銀座で働くサラリーマンで常に混んでいるのも納得しました。

矢場とんではあらかじめテーブルにカラシやすり胡麻・唐辛子がセッティングされているので、サッパリと食べたい方はカラシを付けるなどして、好みで調味料をかけて食べるのもおすすめです。

見れば見るほど空腹を刺激してくる矢場とんの味噌カツ。

特にガッツリ濃い味の物を食べたい時には、矢場とんの味噌カツはたまりません。

食後はかなり満腹になるため、食べた後は「もう暫く味噌カツはいいかな…」と思うのに、ソースがあっさりだからか、次の日にはまた食べたくなるのですから不思議ですよね。

これを読んだ読者の皆さんも、矢場とんを見かけたら名古屋名物 味噌カツを是非食べてみて下さいね。

矢場とん 栄 松坂屋店
住所:愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 南館 10F
問い合わせ:052-262-8830
HP:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23042338/

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING