2017.11.07

冬は旨味が増した吉野家「牛すき鍋膳」を食べよう!

LIFESTYLE グルメ

吉野家「牛すき鍋膳」の商品発表会・試食会へ

冬になると無性に食べたくなる鍋。その中でも牛肉を使用した鍋は食べたいけれど、家庭で作ろうと思っても牛肉は高価で中々手が出ないイメージがありますよね。でもそんな高価なイメージのある牛肉を使用した牛すき鍋が、なんと家庭ではなく外で、そして私達の身近にあり、安くて美味しいを提供してくれるあの「吉野家」で食べる事が出来るんです。

それだけでなく、吉野家さんから「吉野家“冬の定番”「牛すき鍋膳」の商品発表会・試食会」にJ.FERRY MAGをご招待頂き、オウンドメディアチームから鈴木・てんてんの二人が参加させて頂きました。このような報道陣が集まる試写会は前回の「東京和牛ショー2017」を入れてまだ二回目。まだまだ不慣れな所は多々有りますが、今回もたっぷりとイベントの詳細と、普段一般の方は見る事が出来ないプレスの内部についてもご紹介していきたいと思います。

吉野家「牛すき鍋膳」の商品発表会・試食会タイムテーブル

今回のイベントは以下のような構成で行われました。

吉野家“冬の定番”「牛すき鍋膳」の商品発表会・試食会
〜進行内容〜
10:30 受付開始(先着順)1番前の席確保
11:00 開会
11:05 新商品説明、新CMお披露目会、質疑応答(河村社長)
11:25 トークセッション(河村社長、福田雄一監督、佐藤二郎さん)
11:37 ゲストによる「牛すき鍋」試食タイム(福田雄一監督、佐藤二郎さん)
11:50 フォトセッション
〜中締め〜
11:55 囲み取材(※隣接する試食会場への案内)
12:10 囲み取材終了
12:40 試食会場クローズ

吉野家「牛すき鍋膳」の商品発表会・試食会の受付開始

10:30にプレスの受付が開始という事だったので、時間より前に受付にスタンバイしていました。その甲斐あって、1番前の席を確保する事に成功。やはり早めの行動が大事ですね。1番前の席だったので、カメラマンのてんてんも入念にカメラチェックを行います。

事前に誰がどの位置に立つかを示した「立ち位置図」を貰えるので、カメラも準備しやすいです。

河村社長による新商品説明、新CMお披露目会、質疑応答

開会の言葉が行われると、株式会社吉野家ホールディングス代表取締役社長 河村泰貴さんが登壇され、新商品の説明、新CMのお披露目が始まりました。

河村社長:今年で5年目となる吉野家「牛すき鍋膳」は吉野家の冬の定番商品です。もっともっと沢山の人に楽しんで貰いたいとブラッシュアップして今年も帰ってきました。食べ応えのある大判の牛肉と半日分の野菜が入っています。今年はタレの旨味を倍増(牛肉の旨味エキスをタレに投入)し、昨年のうどんからタレとよく絡む「きしめん」へと変えました。昨年からテイクアウトを開始した牛すき鍋膳ですが、オフィス等でお召し上がりの際は30分以内なら充分温かく食べられます。また容器は電子レンジ対応です。

「牛鍋ファミリーパック 980円」

河村社長:また今年からテイクアウト限定で「牛鍋ファミリーパック 980円」が発売。こちらは牛すき鍋膳に使用している大判の牛肉が360g入った嬉しいパックです。他にも2017年は“地域鍋”も販売致します。それぞれの地域に沿った鍋を作るよう支持した所、偶然にも「旨くて辛い鍋」という点が一致。それぞれ思考を凝らした辛さだけでなく旨味も味わえる鍋を作りました。

★詳しいトークはコチラ

吉野家TV CMは11月1日より配信、WEB CMは10月30日より約9分の大作で配信しています。コントの要素も含んだ面白くて美味しいCMは是非チェックして下さいね!

河村社長、福田雄一監督、佐藤二郎さんによるトークセッション

河村社長が「HK 変態仮面」を5回見る程の大ファンだった事から、変態仮面の監督を務めた福田さんに監督をお願いしたそう。昨年の吉野家のCMも福田さんにお願いしたり、勇者ヨシヒコのロケにも吉野家が来て牛丼を振る舞ってくれるなど、側で二人を見ていた佐藤二郎さん曰く河村社長と福田雄一監督は相思相愛の仲。福田さんは昔から吉野家の大ファンで学生の頃「特盛」というのが出来たのを覚えていたり、福田さんの吉野家愛が伝わってきました。佐藤二郎さんも大の吉野家好きで、普段から吉野家にはお世話になっているそうです。

★詳しいトークはコチラ

「牛すき鍋」試食タイム(福田雄一監督、佐藤二郎さん)

次は吉野家好きのお二人も待ちに待った牛すき鍋膳の試食タイム。会場に牛すき鍋膳の香りが漂います。福田さんはCM撮影中は食べる機会がなく、今年発の牛すき鍋膳だそうです。試食中は司会者の「そろそろマイクを持って頂いても…」という言葉を何度も無視して、食べ続けていました。余程美味しかったのか、福田雄一監督、佐藤二郎さんお二人ともご飯も完食です。福田雄一監督は、すき焼きのタレを卵に入れて、卵も最後まで飲み干していました。

★詳しいトークはコチラ

フォトセッション

フォトセッションではプレス関係者は壇上の目の前で写真を撮る事が出来ます。順番に目線も送ってくれるので、自分の番になればこんなに良い写真も撮れるんです。勇者ヨシヒコを全シリーズ見て密かにお会いしたいと思っていた佐藤二郎さんをこんなに間近で見る事が出来て、オウンドメディアチームで働いていてよかったなと実感する鈴木と千。普通ではこんな機会は中々無いですよね。

吉野家「牛すき鍋膳」他試食タイム

中締めが終わり、オウンドメディアチームは隣の試食会場へと移動します。試食会場には本日発表された「牛すき鍋膳」を始め地域鍋4種の見本が置かれており、自由に写真を撮ったり、また試食コーナーで試食をする事が出来ます。

「牛すき鍋膳(並盛)650円(大盛)750円」

「辛辛キムチ鍋膳(並盛)680円(大盛)780円」(北海道・東北・新潟・北関東)

「鬼辛豚チゲ鍋膳(並盛)680円(大盛)780円」(千葉・埼玉・東京・神奈川・山梨)

「旨辛味噌牛鍋膳(並盛)680円(大盛)780円」(東海・北陸・近畿)

「牛肉と牛モツの旨辛味噌鍋膳(並盛)680円(大盛)780円」(中国・四国・九州)

数ある中で、千は河村社長も完食できない程の辛さと話していた「鬼辛豚チゲ鍋膳」を試食し、鈴木は今回のメインである「牛すき鍋膳」を試食しました。「鬼辛豚チゲ鍋膳」を食べたてんてんが「辛い!辛い!」と言っているので普段辛い物を頻繁に食べている鈴木は、辛いと言ってもそこまで辛くないだろうと思ってスープを一口飲んでみると確かに辛い。喉に唐辛子がヘバリつく辛さで、てんてんが食べ終わる頃には汗が止まらないであろ事は用意に想像がつきました。鈴木が食べた「牛すき鍋膳」は今年からタレの旨味を倍増したというだけあって、旨味がお肉だけでなく野菜にもしっかり染み込んでいて、タレだけでもご飯が何杯も進んでしまいそうです。

充実した吉野家「牛すき鍋膳」の商品発表会・試食会

吉野家“冬の定番”「牛すき鍋膳」の商品発表会・試食会この発表会は、新CMの発表の公開だけでなく、ゲストで吉野家新CMの監督を務めた、山田孝之主演の大人気テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」の脚本も手掛ける福田雄一監督、新CMに出演された「勇者ヨシヒコ」の仏役で一躍人気となった俳優佐藤二朗さんも登壇されるなど、内容の濃いイベントでした。

「牛すき鍋膳」は11 月 1 日(水)10:00 より全国の吉野家店舗にて発売されています。J.FERRY銀座本店、MAISON TOKYO銀座店からも歩いて数分の場所に「吉野家 銀座三丁目店」があります。ジェイフェリーでお買い物の後や冬の寒い空気で冷えた身体を温めたい、お肉が食べたい、そんな時は吉野家で牛すき鍋御膳はいかがでしょうか。

吉野家 銀座3丁目店
住所:東京都中央区銀座3-5-5 南風ビル1F
問い合わせ:03-3567-2993
HP:http://www.yoshinoya.com/

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING