2018/07/19

驚異の性能と将来性!ZOZOSUIT【ゾゾスーツ】の使い方完全版

FASHION MENS

ゾゾスーツゲーム

こんにちはてんてんです。

以前こんな記事を書きました。

超近未来的!採寸用ボディースーツ 「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を無料配布!?

そう【ZOZOSUIT ゾゾスーツ】です。注文したのが10月で届いたのが6月下旬なので約8ヶ月待ってやっと届きました。(というか正直忘れていたよスタートトゥデイさん。)

ゾゾスーツが私の元に届くまでの間に、計測法の変更やそれに伴うデザインの変更があり、残念に思った方も沢山居るのではないでしょうか。

少なからず私もその1人です。

周りには早い段階で届いたのにもかかわらずその見た目と仕様の変更により開封すらしていない人も沢山居る様です。

確かに仕様の変更でネットではレモンスカッシュの様でダサいだ等と言われていますが、外に着て行くつもりだったのでしょうか。

機能が伴ってのデザインだと思うので、これはこれで理にかなっているデザインだと思います。

しかし注目すべきはゾゾスーツの神髄である採寸機能の性能です。

スタートトゥデイの前澤友作さんが満を持して発表したゾゾスーツです。

百聞は一見に如かず

まずは試してみましょう。

ゾゾスーツ着た感じ

ZOZOSUIT【ゾゾスーツ】の使い方 

ゾゾスーツ設定

・アプリのダウンロード

GoogleplayかAppstoreでゾゾタウンのアプリをダウンロードします。

・会員IDとパスワードの入力

ご自身のゾゾタウンのアカウントパスワードを入力して下さい。

・説明をよく読み採寸開始

ZOZOSUIT1

携帯にカバーをしている人は取ったほうが良いかもしれません。

ZOZOSUIT2

20cm以内なので感覚で15cm程度の所に置けば問題ありませんでした。

テーブルはオフィスにある適当なテーブルでしたが、こちらも特に問題はありませんでした。

ZOZOSUIT3

計測アプリをスタートさせると音声ガイダンスが流れ、正しい位置に誘導してくれます。

ZOZOSUIT4

ZOZOSUIT5

ガイダンスに従って12回撮っていきます。

心配な人は足元にテープ等で印をつけても良いかもしれません。

少し調べると撮り直ししたユーザーがいる様ですが、私は一回で行けました。

恐らく背景は出来るだけ無地でないとカメラがセンサーを誤認してしまうのではないでしょうか。

計測終了その性能とは 

ZOZOSUIT結果

おぉぉ。

スーツの着用位置が少しズレていたのでしょうか。

実寸してみましたが、前後の誤差±20mmって所です。

私は元々自分の身体のサイズなんてモノは全く把握していないので服を通販で買った事なんか有りません。
そもそも細かい自分の身体のサイズなんてどこで教えてくれるのでしょうか。

正直期待通りと言うか何だか色々な可能性を感じました。

また、結果を元にプライベートブランドZOZO で購入しますが、そちらは後日こちらにて更新します。

個人的に言わせて頂くのであれば、ゾゾスーツで計測する事は自身を知る為にもおススメです。

ただ、一つだけアドバイスすると

ゾゾスーツをオフィスで着てみる

ゾゾスーツでの計測をオフィスでするのはお勧めしません。

今後のゾゾスーツの可能性について 

さて、まだまだ普及しきれていないゾゾスーツですが、その技術の進歩には感心する物があります。

逆に考えると斑点のついたスーツを着て、たった12枚スマホで写真を撮るだけで全身のサイズがまる分かりしてしまうのだからすごいと思いませんか?それも第三者の手を借りずに。

・スマホが普及し始めた時、誰がリアルタイムで自分の顔を盛って写真を撮れる様になると考えたでしょうか。

・スマホが普及し始めた時、誰が自分の体形を採寸出来る様になるなんて考えたでしょうか。

今後ゾゾスーツがどう化けるかなんて誰にも分かりません。

確かに仕様が変わった上に到着も激遅で「もういいや感」があるかもしれません。

でも一度試してみてください。

それでも不要に感じたのであれば仕方がありません。

しかし自分の身体のサイズを把握出来るという事は今までの通販からすれば革命的な出来事だと思います。
サイズが合うか分からない、、、そんな事が無くなるかもしれない大きな一歩です。

もっと開発が進んで行けばゾゾスーツで採寸したデータを元にユーザー自身の3Dデータを生成。

すると画面内で生成された3Dの自分が着用し、実際に着た感じのイメージがより分りやすくなったりするかもしれません。

ゾゾスーツによりサイズが分るだけでは無く、着用した際のイメージまで分かるようになるかもしれません。
それって今までの洋服の買い方のさらなる革命だとは思いませんか?

さらに技術が進化して筋肉のつき方や骨格、脈拍等が簡単にスマホでビジュアル化されるようになったら、アパレルの域を超えてスポーツや医療の世界でも活躍出来るかも知れません。

ゾゾスーツで採寸する事によりトレーニングやリハビリの方針、ウエアや医療器具のジャストサイズ選定まで行える様になったらそれこそ革命です。

この様にもしかしたらこの先にはシステム技術の向上や仕様用途の増加によりもっと快適で楽しい事が待っているかもしれません。

その為にも、私達は新しい技術を日々素直に受け入れていくのも良いのでは無いでしょうか。

最後に 

少しお硬くなりましたが、せっかくゾゾスーツを本体無料で送ってもらったのですから、食わず嫌いではなく実際に一度位は試してみても良いのではないでしょうか。

何事も、百聞は一見に如かず…ですよ?

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING