2018/07/13

ボタニカル柄は夏満喫に欠かせない重要アイテム

FASHION WOMENS

こんにちは。夏の必須アイテムと言えばボタニカル柄。ボタニカル(植物モチーフ)って何なんだと言われて早数年。すっかり単語も定着しましたね。

当たり前だといわんばかりに各社から商品が出ておりますので、これはもうトレンドの域を出て、春の花柄や冬のノルディック柄同様に、夏の定番として認めないといけないのかもしれませんね。

今回はボタニカル柄アイテムを使ったオススメのコーディネートをご紹介致します。

ボタニカル初心者さんへ 迷ったときはとりあえずデニム

2018SS,ボタニカル,リーフ,トレンド,夏ファッション

トップス¥4,900(+Tax):003J.FERRY
パンツ:URBAN RESERCH、サンダル:Le Talon

ボタニカル柄に合わせるアイテムで迷ったらとりあえず間違いないのはデニムです。デニムを合わせて間違えるアイテムというのはこの世にほとんど存在しません。ボタニカル柄も例に漏れずです。ボタニカル柄とあまり馴染みがなく困っている方は迷わずデニムを選んでください。

別売りの同柄スカートを合わせればセットアップにもなります。

ボタニカルに合わせるスカートは素材感を重視

2018SS,ボタニカル,リーフ,トレンド,夏ファッション

トップス¥5,900(+Tax)、スカート¥6,900(+Tax):003J.FERRY
シューズ:GU

もちろんスカートともよく合います。

ボタニカル柄自体がカジュアルな印象なので、合わせるのは透け感のあるフェミニンな素材よりも綿素材でパキッとしたものがバランス良いと思います。夏らしくさわやかに白のスカートもおすすめ。

コーディネートに迷わずリゾート感が楽しめるボタニカルワンピース

2018SS,ボタニカル,リーフ,トレンド,夏ファッション

ワンピース¥16,800(+Tax):J.FERRY

2018SS,ボタニカル,リーフ,トレンド,夏ファッション

カーディガン¥3,900(+Tax):MAISON TOKYO、ワンピース¥4,900(+Tax):003J.FERRY
シューズ:Charles&Keith

1枚でコーディネートが決まってリゾート気分を味わえるボタニカル柄のワンピース。ベースが黒やダークトーンだと総柄でも落ち着いた印象になります。

サングラス、カーディガン、ベルトなど、小物を使って着こなしに変化をつけることができるので、その日の気分で楽しむこともできます。

ボタニカル柄を制すものは夏のオシャレを制す

すっかり夏の定番となったボタニカル柄。エキゾチック過ぎてなんだか抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。

でもすっかり夏の普段着として浸透したアイテムなので、思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

RANKING